トマト

トマト

植物学上の分類

ナス科トマト属
原産地:アンデス高地

旬

本来の旬は夏ですが、今では年中出回るようになりました。夏以外の時期には温室やハウスで栽培し、それに合わせて品種や栽培方法が改良されてきたためです。

トマト

おいしいトマトを選ぶには?

開花後50日目頃の真っ赤に色づいたものが甘みが強くおいしいと言われます。ヘタがピンと元気で、呼吸できる穴あきの袋やパックで販売されているものがいいでしょう。

用途性

サラダ、スープ、パスターソースなど幅広く使えます。完熟だと、味がしっかりしていて肉質も良いため、熱を加えてもおいしく食べられます。

保存性

ビニール袋かラップをして冷蔵庫の野菜室で保存します。大量にあるときはそのまま冷凍し、スープなどにしてもよいでしょう。

栄養性・機能性

「トマトが赤くなると医者が青くなる」と言うくらい栄養満点な野菜の象徴。赤い色の正体はリコピン。最近の研究では、発ガンの抑制や動脈硬化の予防に有効に働くと報告されています。